総量規制とはどういうものなのか?

収入証明書の提出が義務づけられたこの総量規制というものは一体どういうものなのでしょうか。借入れが年収の3分の1までに制限されたということを知っている方は多いかと思いますが、それ以外にもいろいろなことが決められているのをご存じでしょうか?総量規制とはどんなもので、どのようなことが決められているのでしょうか。

 

まず総量規制が適用される範囲ですが、総量規制というのは個人の借入れ全てに対して適用されるものではありません。なんでもかんでも3分の1に制限されていては、住宅ローンも組めないし車もローンで買えない方が大勢出てきてしまいます。こうした貸付けについては除外貸付けとして総量規制の対象となる貸付けには含まれません。

 

また事業用資金としてお金を借りたい方もそれでは借りたいお金が借りれませんよね。こうした貸付けについては年収の3分の1を超えている場合でも審査の上超えている部分の返済が可能であると判断されれば貸付けが可能となります。つまり総量規制の対象範囲は個人向け貸付けのうちの、除外貸付けや例外貸付けが適用される以外のものということになるわけです。

 

もともと総量規制が何故できたのかというと、この貸金業法改正の以前は貸金業者は高い金利でお金をどんどんと貸していたため多重債務に陥る方が少なくありませんでした。利息制限法では20%が上限となっていましたが、出資法では29.2%と高い上限金利になっており、貸金業者は大手もみなこの20%〜29.2%のいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる金利帯での貸付けを普通に行っていたのです。

 

返済能力を超える貸付けを貸金業者が行うことで、債務者はどんどんお金を借りることができて利息負担も増えてゆき多重債務に陥り、借金苦により自殺者も増えて社会問題となっていました。こうした負の連鎖をなんとかしよう、多重債務者救済のために貸金業法の改正が行われたのです。

 

総量規制もその一環で、返済能力を超える過剰な貸付けを抑制するために指定信用情報機関制度とともに導入されたのです。指定信用情報機関制度では貸金業者側が借り手の総借入残高を把握できる仕組みが整備され、また一定額を超える貸付けに対して収入証明書の提出を求めることで過剰な貸付けを抑制している、というわけなのです。

 

収入証明書の提出は面倒なもののようですが、このように法が整備された仕組みを理解しますと利用者が利用しやすいような前提であるということがわかると思います。
参考サイト・・・カードローン借り換え@カリカエル

総量規制には例外と除外と対象外がある?

総量規制がどんなものであるのかわかったところで、多くの方が関心があるのは総量規制の対象となるのかならないのか?といった点でしょう。総量規制には除外と例外との貸付けがあるということですが、他に「総量規制対象外のカードローン」などという呼ばれ方をされているものもありますよね。総量規制には除外と例外、対象外とがあるのでしょうか?それらにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

厳密に言いますと、総量規制対象外のカードローンというものは存在しません。というのは、対象外なものがない、ということではなく、総量規制の除外貸付けや例外貸付けのように「総量規制の対象外貸付け」などというように法律で決まった貸付けは存在しない、ということです。つまり対象となるもの以外のものを、対象外、と読んでいるに過ぎないのです。

 

では同じような意味にとれる除外と例外についてはどういった違いがあるのか?といいますと、除外貸付けというのは貸金業者からの個人向け貸付けであっても、総量規制の対象とはならない貸付けのことを指しています。例えば住宅ローンや車のローン、高額療養費や不動産担保貸付けなどといった貸付けは総量規制の対象とはならない除外貸付けなのです。

 

一方の例外貸付けはというと、こちらのほうが複雑です。要するに例外として認めますよ、というものなのですが、貸付け残高としては総量規制の残高に算入されるものの、例外として年収の3分の1を超えている部分も返済能力があるかを判断した上で貸付けが可能になる、というものです。

 

例外貸付けには顧客に一方的に有利となる借換え、つまりおまとめローンや緊急の医療費の貸付け、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けや個人事業主に対する貸付けなどといったものが含まれています。

 

例外貸付けが適用されるケースはわかりづらいですが、例えば年収300万円の方ですと100万円までしか借りることができませんが、すでに100万円借りているという場合に緊急であと30万円借りたいというとき、これについて例外貸付けとして貸付けできる場合があります、というものです。

 

どちらにしろ審査に通らなければお金を借りることができないわけで、同じことなのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、すでに年収の3分の1を超えていたとしても法的には無条件に総量規制の対象とならない除外貸付けに対して、審査で返済能力があると判断された場合に例外として貸付けが認められる例外貸付け、と考えると例外貸付けのほうが借りるハードルは少し高いのかな?という印象はありますよね。